スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取不審死で36歳女を再逮捕…強盗殺人容疑(読売新聞)

 鳥取県内で男性が相次いで不審死した事件で、鳥取市の川で遺体で見つかった同市の電気工事業、円山秀樹さん(当時57歳)について、県警は28日、窃盗容疑などで逮捕した同市の元スナックホステス上田美由紀容疑者(36)を強盗殺人容疑で再逮捕した。

施政方針演説概要「人間のための経済」へ転換(読売新聞)
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も-教研集会(時事通信)
医療ADRに関する連絡協議会を設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇(産経新聞)
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から-東京(時事通信)
スポンサーサイト

高橋洋一の民主党ウォッチ 政治資金の虚偽記載 会社で言えば粉飾決算だ(J-CASTニュース)

 連日新聞報道は「小沢問題」でもちきりだ。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引に関する問題だ。ただし、地検が解明しようとしているのは、政治・道議的な問題ではなく、政治資金規正法違反かどうかである。

 これについて、賛否両論がある。大手マスコミは小沢氏を批判する論調が多いが、ネットでは検察のリークに踊るマスコミや検察の強引さを指摘しているのが目立つ。もちろん、法律問題であるので、最後は司法の場で決着せざるを得ない。なお司法の場にさえ行かないときには法的には何もなかったと見ざるをえない。

■賄賂摘発の困難化が背景にある

 法律問題を部外者が議論するときに、しばしばその法律に対する思い込みが結論を分けることも多い。そこで、まず、今問題になっている政治資金規正法を振り返っておこう。政治資金規正法は、その目的として「政治団体の届出、政治団体に係る政治資金の収支の公開並びに政治団体及び公職の候補者に係る政治資金の接受の規正その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と公正を確保」となっており、米国政治腐敗行為防止法をモデルとして1948年に制定された。

 政治資金が問題になった時に、これまでは刑法の賄賂罪で立件することが多かった。たしかに、賄賂という言葉からいって、賄賂罪のほうがしっくりいくのは確かだ。その反面、政治資金規正法は、単に収支報告書を出せばよく、しばしばその修正もよく行われるので、その違反は形式的とみなす風潮もあった。

 一方、賄賂罪の場合、職務権限の有無の立証が困難になることも多い。しかも、政権交代が日常的になると、ますますその傾向が強くなるだろう。となると、検察は、あらたな「武器」が必要になるだろう。この観点からみれば、政治資金規正法によって政治資金をギリギリ調べることは当然の流れということになる。

 しかしながら、政治資金は本来賄賂罪の適用が筋で、政治資金規正法では生ぬるいとか、政治資金規正法は形式犯なのに、逮捕まではやり過ぎという見方もあるだろう。となると、今回の元秘書の国会議員や秘書の逮捕というのは、これまでにない強権発動にも見えるだろう。

■総務省のホームページで政治資金収支報告書を見ることができる

 さらに、そうした検察ファッショの見方を加勢しているのが、検察のリークの問題だ。マスコミでは当たり前の話で、それなしでテレビ・新聞はほとんど記事が書けないくらいであるが、それに対する批判がネットなどで出ている。例えば、検察の家宅捜索では、係官が入るところのテレビ取りがある。こんなものは、テレビ局が事前に検察から情報を入手していなければできない。そのほかにも新聞報道で捜査資料らしきモノも出ている。記者としてはいかに検察から情報を入手するかが記者の腕になるわけでリークをばらすことはありえないが、政府の公式見解は、捜査資料のリークはないということで、隔靴掻痒だ。

 こうした法律問題は、最終的に司法でしか決着できない。しかし、適用される法律が政治資金規正法という米系法で公開に主眼がおかれていることを活用して、これを機会に何とか政治とカネについて、我々国民ができることはないか。

 政治資金収支報告書の開示について、以前は総務省内の閲覧室で閲覧できるだけであったが、今では総務省のホームページで、過去3年分、平成18年(2006)分から政治資金収支報告書を見ることができる。ただ、政治資金収支報告書の総務省への提出期限は翌年の3月末であるが、ホームページで見られるのはその半年後の9月末である。

 問題になっているのは平成17年(07年)分なので、残念ながらホームページで見られないが、官報(有料の検索サービスがある)で見ることができる。

 政治資金収支報告書の表紙は、政治団体の名称、主たる事務所の所在地、代表者の氏名、会計責任者の氏名、事務担当者の氏名等が記載されている、次のページには全体の収支の状況。それ以下のページに、収入の寄付金(政治献金)について、氏名、金額、年月日、住所、職業などがある。支出は、経常経費(人件費、光熱水費、備品・消耗品費、事務所費)と政治活動費(組織対策費、選挙関係費、機関誌発行等事業費、調査研究費、寄付・交付金、その他)となって、支出目的、金額、年月日、支出対象者、住所などが記載されている。

■「連結決算」がないと全体の資金の流れ把握は困難

 新聞報道によれば、土地取引についての複雑な取引の一部が虚偽記載であるので、政治資金収支報告書のコピーをみても、適正な報告書であるかどうかは素人にはなかなか分からない。ただし、小沢氏の陸山会以外の資金管理団体の政治資金収支報告書もあるが、陸山会のものを見ると、不動産取引がやたらと多いのが目につく。

 それと、陸山会に限らないが、このほかに陸山会と同じ住所のいくつかの政治団体があり、その間で複雑な資金のやり取りが行われている。こうしたものは、企業財務でいうところの「連結決算」がないと、一目でなかなか全体の資金の流れを把握するのは困難である。

 いずれにしても、こうした政治資金がディスクローズされているわけで、国民はそれらをよく見て政治家を選ばなければいけない。その判断の前提は政治資金収支報告書が正しく記載されていることであり、もしその虚偽記載があれば、それは司法の場でも有価証券報告書における粉飾決算と同じように扱われるべきであろう。

 小沢問題のために、昨09年12月24日、鳩山首相の元秘書が在宅起訴されたことを忘れてしまいそうになるが、これも政治資金規正法違反の罪だった。


■関連記事
小沢幹事長贈与税逃れにならないか 家族名義口座に3億6000万円入金 : 2010/01/26
追いつめられた?小沢氏 定例会見での「高圧姿勢」転換 : 2010/01/25
高橋洋一の民主党ウォッチ/民主党は財務省に完全屈服した : 2009/11/11
小沢会見巡り机バンバン! テリー伊藤VS勝谷誠彦 : 2010/01/25
苦めの「午後の紅茶」 缶コーヒーの代わりに!  : 2010/01/26

<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)
石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)
<民放連>総務相の「関係者」報道批判に会長が「疑問」(毎日新聞)
<陸山会土地購入>3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査(毎日新聞)

篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も-警視庁(時事通信)

 写真集に使うため、屋外で女性のヌード写真を撮影したとして、警視庁保安課は25日、公然わいせつ容疑で、写真家篠山紀信容疑者(69)とモデルとなった女優(22)ら2人の計3人を書類送検した。 

【関連ニュース】
篠山紀信さん違法性認める=公然わいせつ容疑で書類送検へ
篠山紀信さん書類送検へ=公然わいせつ容疑
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす
わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」

鳩山首相「日米中、正三角形ではない」(産経新聞)
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕-京都、福井両府県警(時事通信)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)

<枝野氏人事>たなざらし2週間 平野氏が嫉妬?(毎日新聞)

 民主党の枝野幸男元政調会長を首相補佐官に起用する人事が約2週間たなざらしになっている。鳩山由紀夫首相は7日に「彼が適任」と表明したが、その後4回の閣議では議題になっていない。藤井裕久前財務相の辞任に伴い、国家戦略担当を兼務することになった仙谷由人行政刷新担当相を補佐する狙いだったが、たなざらしは仙谷氏の権限強化を警戒する平野博文官房長官の意向、との見方も出てきた。

 仙谷氏は15日、首相と菅直人副総理に「早くしてほしい」と直談判した。行政刷新会議関係者は「枝野氏の補佐官起用は、国家戦略担当相兼務の条件だった」と漏らす。

 首相は7日の発言を、19日には「副大臣、政務官の増員(法案)が決まった時に、そこでも頑張ってもらいたいと思い、時間がかかっている」とトーンダウンさせ、20日には「詳細は承知してない」と距離を置いた。

 官邸関係者の間では「平野さんが(枝野氏と距離のある)民主党の小沢一郎幹事長を勝手に気遣ってるのではないか」「仙谷・枝野ラインに(平野氏の)仕事を奪われると嫉妬(しっと)してるのでは」との憶測も出始めた。当の平野氏は20日の記者会見で「変な意味で人事が止まっていることはまったくない」と否定し、「副大臣は国会答弁できるが、補佐官は答弁できない。それもしん酌し、全体を見極めて人事を出す」と述べた。【田中成之】

【関連ニュース】
石川議員逮捕:「考える会」政務官参加は不適当…官房長官
独立行政法人:役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
平野官房長官:下地島など離島、上空から視察 基地問題で
普天間移設:沖縄知事「県外」明言 官房長官に要請

「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願 足利再審(産経新聞)
<著者インタビュー>金原ひとみ「アイデンティティーをそぎ落とされ、少女はやがて女になっていく」(毎日新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)

「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審(産経新聞)

 【元検事語る(5)】《宇都宮地裁で開かれている足利事件の再審第5回公判。捜査段階で菅家利和さんの取り調べを担当した森川大司・元検事の証人尋問が続いている。弁護側の質問は有罪の決め手となった、DNA鑑定の採用と自白に関するものに移る》

 弁護側「(平成3年12月1日に)足利署に任意同行された後、午後10時近くになっても自白をしていないと知らされていましたね」

 森川元検事「記憶にありません」

 弁護側「科警研(警察庁科学警察研究所)のDNA型鑑定の結果が突きつけられたため、菅家さんの容疑を固めたのですか」

 森川元検事「それだけでは終わっていません」

 弁護側「DNA型が一致するとは」

 森川元検事「一般的なことで」

 弁護側「一般的と…」

 森川元検事「私たちの世代にはDNAはなじみがないので」

 裁判長「一般的という意味で取ったということですね」

 森川元検事「はい」

 弁護側「一致したと決めつけて取り調べをするのは虚偽の自白を生む恐れがありますね」

 森川元検事「それだけで終わればそうです」

 弁護側「DNA型鑑定が誤っていると判明した今、取り調べは虚偽の自白を生む恐れがあり違法…」

 検察官「異議あり」

 《弁護側は誤ったDNA型鑑定と虚偽の自白の関連性を導き出そうとするが、検察官の異議が入る。興奮しているのか、矢継ぎ早に質問する弁護側に検察官が異議を申し立てる場面が増える》

 弁護側「質問を変えます。逮捕後のDNA型鑑定では半袖下着は対象試料になっていませんね」

 森川元検事「鑑定書のことは覚えていません」

 弁護側「DNA型鑑定では容疑者由来の試料と現場由来の試料を同時に用いて、電気を流すのは知っていましたか」

 森川元検事「DNA型鑑定は何度か行われていたので、どの段階のことをおっしゃっているのか」

 弁護側「科警研がDNA型鑑定に関する指針を出しているんです。一般的なことですよ」

 森川元検事「一般的であればそういうことです」

 弁護側「(DNA型鑑定に)半袖下着を用いなかったのは、科警研が積極的ではなかったからですか」

 森川元検事「分かりません」

 弁護側「では、DNAが常温で保存されると劣化することは知っていましたか」

 森川元検事「専門家でないので、厳密には分かりませんが、可能性は危惧(きぐ)していました」

 弁護側「正しい保管方法は知っていましたか」

 森川元検事「DNAに限らず化学反応を起こす試料は冷凍や暗いところなどいろいろあるかと」

 弁護側「知識はあったんですね」

 森川元検事「一般的に」

 《弁護側の質問はDNA型鑑定に関する質問から、菅家さんの“自白”に移る。弁護側の追及に、森川元検事の答えには「覚えていない」「分からない」という言葉が増えていく》

 弁護側「菅家さんの自白は虚偽のものですね」

 森川元検事「それは分かりません」

 弁護側「(平成4年)12月8日の取り調べで確認しています」

 森川元検事「虚偽と確認したわけではありません」

 弁護側「『作り事なのか?』というのはあなたの質問じゃないんですか」

 森川元検事「質問はしました」

 弁護側「納得したんですね」

 森川元検事「納得したわけじゃないです」

 弁護側「自白に質的な違いがあったと感じましたか」

 森川元検事「質的かどうかは分からないけれど、かなり違うことはあると思いました」

 弁護側「どう違うのですか」

 森川元検事「供述の変更ですが、細かいことは思いだせませんが、経験者でなければ言えないものがいくつもありました。想像では供述しにくい。簡単に言えば、犯人だから供述できたのではないかと思うものがいくつもありました」

 弁護側「菅家さんに第10回公判で『警察も私も聞いてないことをこまごま作り話する必要があったのか? 体験したから供述できたのでは』と聞いていますね」

 森川元検事「細かく覚えていませんが、否認に転じたのでかなり追及しました」

 弁護側「体験していないと供述できないという前提で追及したんですか」

 森川元検事「はい。全部ではないと思いますが」

 弁護側「真実ちゃん事件で少しでも無実と思ったことはないですか」

 森川元検事「ないです」

 《森川元検事は菅家さんを無実と思ったことはないとはっきりと否定した》

 弁護側「警察が別件の取り調べを録音したことは知っていましたか」

 森川元検事「記憶にないです」

 弁護側「反訳書は」

 森川元検事「見たことも聞いたこともありません」

 弁護側「(福島)万弥ちゃん事件(昭和54年の女児殺害事件)は拘留中にやってないと言いましたね」

 森川元検事「はい」

 弁護側「そのとき、どのような質問をしたのですか」

 森川元検事「『本当にやったのか』という聞き方だったと思います」

 弁護側「本人は『君は殺してないんじゃないか』といわれたと言っていますが」

 森川元検事「そういう聴き方はしていません。『本当に君なのか』という趣旨ですが、取り方によってはそうなるのかも」

 弁護側「万弥ちゃん事件では不起訴で釈放していますね。自白に疑問があったからですか」

 森川元検事「そういうことではありません。疑問というか裏付け捜査が十分できていないためです」

 弁護側「(長谷部)有美ちゃん事件(昭和59年の女児殺害事件)は逮捕も認めませんでしたね」

 森川元検事「はい」

 弁護側「自白に疑問があったからではないですか」

 森川元検事「有美ちゃん事件は証拠がかなり弱かったので、逮捕しても証拠固めの見通しもなかった。万弥ちゃん事件で釈放していたので、より慎重に判断しました」

 弁護側「菅家さんが家族に手紙を書いていたのは知っていましたか」

 森川元検事「知りませんでした」

 弁護側「逐一コピーを入手していたのではないですか」

 森川元検事「いえ、まったく」

 弁護側「取り調べを録音したのは上司の指示ですか」

 森川元検事「私独自の判断です」

 弁護側「録音が始まった(平成4年)1月28日が有美ちゃん事件について最初に聴いた日ですね」

 森川元検事「録音する前の(平成4年)1月23、24日に有美ちゃん事件のことを聴いたか定かではありませんが、聴いていなければそうです」

 弁護側「録音が、有美ちゃん事件の取り調べに支障はありませんでしたか」

 森川元検事「特になっていません。だから録音を続けました」

 弁護側「菅家さんに『死刑になる可能性がある』と話しましたか」

 森川元検事「死刑という言葉を使ったか記憶にありません。『一生刑務所から出られないか、それ以上かもしれない』とは言いました」

 弁護側「(平成4年)2月7日のテープで『自分の命で償うという覚悟で』と言っていますね」

 森川元検事「テープに入っていればその通りです」

 弁護側「菅家さんが証人(森川元検事)の取り調べを受けて、裁判で認めないと死刑になると考えた可能性はありませんか」

 森川元検事「分かりません」

 弁護側「菅家さんに3つの事件の自白パターンが似ていると言いましたね」

 森川元検事「テープに入っていればその通りです」

 《弁護側は録音テープの中から、森川元検事が指摘する自白の共通パターンをピックアップして読み上げ、記憶を掘り起こすように迫る》

 弁護側「証人は、(平成4年)2月13日の初公判前の2月4日と7日に『自白がパターン化している』と聴いていますが、初公判より前に(パターン化に)気づいていたのですね」

 森川元検事「言っているならそうです」

 弁護側「初公判前に、菅家さんの別件の自白が虚偽と考えたことはありますか」

 森川元検事「虚偽と考えたことはありません」

 弁護側「菅家さんが否認した時に『ずるいよ』と追及しましたね」

 森川元検事「本件ですか、別件ですか」

 弁護側「どっちもです」

 森川元検事「最後の取り調べでしょうか」

 《菅家さんの「否認」をまったく受け止めていなかったことを明らかにした森川元検事。当時の取調官が菅家さんに対して、どのように考えていたのかが垣間見えてきた》

 =(6)に続く

芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
石川知裕議員が出頭、取り調べ…東京地検特捜部(読売新聞)
元長崎市長 本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)

「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)

 全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会は1月22日、「自治体の戦略―小規模多機能型居宅介護で今後のまちづくり」と題して自治体職員向けの研修会を開いた。この中で講演した同会の川原秀夫代表は、「(介護保険)施設は本当に足りないのか」と疑問を呈した。

 川原氏は講演で、「(介護保険)施設が足りないから、もっと施設を作ろう」という声があると紹介し、「本当に足りないのか」と疑問を呈した。その上で、「施設が足りないのではなく、在宅で24時間365日暮らすことが困難になっている」と指摘し、小規模多機能型居宅介護によって、在宅で24時間365日の安心を提供する介護の必要性を強調した。
 また、小規模多機能型居宅介護を理解していない事業者が存在すると指摘。「通い」の回数を制限したり、「訪問」や「宿泊」を断ったりする事例を挙げた。その上で、事業者は利用者の暮らしを地域の中で支える必要があると訴えた。さらに、小規模多機能型居宅介護について「自治体も理解し、バックアップしてほしい」と呼び掛けた。

 このほか、同会副代表で高齢者総合ケアセンターこぶし園総合施設長の小山剛氏は、家族構成について、かつては同居家族の中に介護力があったが、現在は家庭内での介護は困難になっており、週に数回の通所介護や、訪問介護サービスだけでは対応できないと指摘。家族がいなくても、連続した介護で生活を支えられる政策を取るべきと主張した。また、介護を受ける人の人生は、これまで築いてきた地域との関係の中に存在するとし、郊外の大規模施設ではなく、地域の中で介護を行うことの重要性を強調した。

■自治体担当者が小規模多機能の整備状況を報告
 また研修会では、全国の自治体の担当者が小規模多機能型居宅介護の整備状況を報告した。横浜市の担当者は、第3期(2006-08年度)に、日常生活圏域にそれぞれ1か所ずつ合計150か所を整備する計画だったが、事業者の参入が進まず38か所と計画を大きく下回ったと述べた。要因については、市民やケアマネジャーへの周知不足を挙げた。
 また、鹿児島県霧島市の担当者は、第3期に10の日常生活圏域にそれぞれ1か所以上整備する目標を達成したと報告。毎年度の介護給付費の推移を示し、小規模多機能型居宅介護を整備しても「介護給付費にはあまり影響はない」と述べた。
 石川県加賀市の担当者は、「大規模施設を作っても、将来的に高齢者がそこには入らないのではないか」と指摘。郊外の大規模施設の整備を促進してきた第2期(03-05年度)までの計画から一転、第3期以降は日常生活圏域の中に小規模の事業所を整備する方針に転換したと報告した。


【関連記事】
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ
施設整備に民家を活用する視点も-東京都の地域ケア推進会議
「ジェロントロジー」シンポで高齢化社会の課題を議論
認知症のケアマネジメントで研修会、若年性対応に困難も-東京都
小規模多機能、「居住」機能併設は3割

【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討(医療介護CBニュース)
首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN世論調査(産経新聞)
蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)
どうなる進退? 小沢氏が福井で記者会見「選挙に影響ないよう結論」(産経新聞)
参院選前の新党目指す=平沼氏(時事通信)

公衆トイレに女性の遺体=「母親殺した」と電話-神戸(時事通信)

 18日午後1時15分ごろ、神戸市中央区波止場町の公園「メリケンパーク」の公衆トイレで、兵庫県警水上署の署員が女性の遺体を発見した。直前に県警本部に「母親を殺した」と男の声で電話があったことから、同署は殺人事件とみて捜査している。
 同署によると、女性は80~90歳ぐらい。身体障害者用のトイレ内で車いすに座って死亡しており、首に絞められたあとがあった。ジャージー姿でショールなどがかけられており、服装の乱れはなかった。身元を示す所持品や遺書などはなかったという。 

【関連ニュース】
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
拳銃持ち出頭の会社員逮捕=殺人事件との関連捜査
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

日航の更生法申請日を確定へ=19日軸に-前原国交相と首相が会談(時事通信)
漁船不明 10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ(毎日新聞)
電子書籍対応で出版界が新団体(時事通信)
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成-放医研(時事通信)
<福俵引き>七福神が家人と綱引き 大分・天瀬町高塚(毎日新聞)

<交流協定>米ハリケーン被災地と神戸市の住民が結ぶ(毎日新聞)

 阪神大震災の被災地・神戸市と、ハリケーン・カトリーナ(05年8月)で被災した米国ニューオーリンズ市の地域住民組織同士が16日、交流協定を結んだ。草の根レベルで被災の教訓を共有し、住民主体の災害復興のあり方を進める狙い。

 協定を結んだのは、神戸の▽長田区御蔵▽同区野田北▽灘区六甲▽兵庫区松本地区の組織。震災では住民がまちづくり協議会などを組織、コミュニティーの再形成にも積極的に取り組んだ。ニューオーリンズでは被災後、街の再建が進むが、多数の空き家が放置された地域もあるという。

 野田北ふるさとネットの河合節二事務局長は「小さな地区同士なら、復興に対する住民の気持ちや悩みが共有できる。神戸の住民の取り組みを紹介し、交流を進めたい」と話した。

【関連ニュース】
阪神大震災:6434人へ祈り 17日で15年
阪神大震災:犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催
皇太子ご夫妻:神戸入り 震災追悼式典に出席のため
阪神大震災:「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る
阪神大震災:09年の孤独死62人

自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言-菅財務相(時事通信)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)

日航株、7円に下落=2日連続ストップ安(時事通信)

 13日の東京株式市場で、会社更生法の適用申請が固まった日本航空株は、1日の値幅制限の下限(ストップ安)となる前日比30円安の7円で取引を終了した。ストップ安は2日連続。
 上場廃止を予想した売りが殺到する一方、短期の売買益を狙った買いも膨らみ、出来高は約8億2300万株と、東証1部全体の約4分の1を占めた。
 一方、日航と取引関係が強い商社のJALUX株は、「下げ過ぎの反動」(大手証券)から同100円高の736円と値幅制限の上限(ストップ高)で引けた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔マーケット情報〕株と為替の最新市況
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
144円安の1万0735円03銭=13日の平均株価

<流氷>紋別の北160キロで初確認…海上自衛隊機 北海道(毎日新聞)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑-神奈川県警(時事通信)
クレーン車横転、作業員2人けが 東京・八王子 突風原因か(産経新聞)
元厚生次官宅襲撃 小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)

沖縄で震度3(時事通信)

 15日午後8時8分ごろ、沖縄地方で地震があり、うるま市などで震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は沖縄本島北西沖で、震源の深さは約120キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定される。 

【関連ニュース】
北海道で震度3
岐阜と静岡で震度3
福島県で震度3
鹿児島で震度4
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ

<人事>東京高裁長官 安倍・福岡高裁長官が就任(毎日新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
銀座の時計窃盗「爆窃団」男実行・女が売却(読売新聞)
2府5県で今秋にも発足=全国初、権限移譲の受け皿に-関西広域連合(時事通信)
【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)

飲酒運転隠し?事故処理中、警官の前でビール飲む(読売新聞)

 12日午前1時30分頃、広島市西区大芝の市道交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突、軽乗用車を運転していた同区内のアルバイト店員女性(21)が首に軽いけがを負った。

 近くの住民の110番で、広島中央署員が駆けつけ、事故処理をしていた際、乗用車を運転していた男が同乗していた男性2人と缶ビールを飲み始め、飲酒検知を拒否。同署員が証拠隠滅のおそれがあると判断、運転していた男を自動車運転過失傷害容疑の現行犯で逮捕した。

 発表によると、自称同市安佐南区、自称内装業矢吹達容疑者(38)。矢吹容疑者は飲酒運転について、「事故後に飲んだだけ」と、否認している。同署は飲酒運転隠しの可能性があるとみて、矢吹容疑者の事故前の行動などを調べる。

政治主導の人事加速、主要官僚の退任相次ぐ(読売新聞)
アザラシの子、千葉の漁港に迷い込み保護(読売新聞)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
前原国土交通相、24日に八ツ場ダム訪問を正式表明(産経新聞)
【キブンの時代】第1部 考えはどこに(7)他人の意見「コピペ」(産経新聞)

<不正取引>絶滅危惧の魚 3容疑者を逮捕 愛知県警(毎日新聞)

 国の天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種に指定されている淡水魚イタセンパラやアユモドキを不正に取引したとして、愛知県警生活経済課と一宮署などは10日、同県一宮市などの男3人を種の保存法違反などの疑いで逮捕した。

 名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を10月に控え、絶滅の危機にある生物の保護への関心が高まる中、県警は密漁実態や販売ルートの解明を急ぐ。

 逮捕されたのは、一宮市、会社員、時田信夫(51)▽大分県別府市、無職、河村徳浩(47)▽岡山市中区、淡水魚販売業、佐々木保夫(65)の3容疑者。

 時田容疑者の容疑は09年5月、木曽川中流域でイタセンパラ198匹を密漁、6月と8月に計40匹を佐々木容疑者に譲ったなどとしている。

 河村容疑者の容疑は08年6月、時田容疑者にアユモドキ2匹を譲ったとしている。3人は「希少魚を持っている優越感を味わいたかった」「繁殖して売ろうと思った」などといずれも容疑を認めているという。

 同課は時田容疑者が02年ごろから密漁を始め、イタセンパラだけで約1200匹を捕獲したとみている。他にも密漁した希少種を自宅で飼育したり販売していたといい、種の名前や譲渡相手は数年分、ノートなどにメモされていた。

 時田、河村両容疑者は10年以上前に木曽川で釣り中に知り合い、佐々木容疑者を含めネットオークションに希少魚を出品するなどのマニア仲間だった。

 時田容疑者は、佐々木容疑者に譲ったイタセンパラを同様に天然記念物で絶滅危惧種に指定されている淡水魚ミヤコタナゴなどと交換していた。魚は宅配便で送っていた。【中村かさね】

 ◇「地域住民らの監視、必要」

 イタセンパラの保護と増殖に取り組む淀川水系イタセンパラ研究会(大阪市)の小川力也会長は密漁の横行について「地域住民など多数の目による監視が必要だ」と指摘する。

 国内希少野生動植物に指定されている淡水魚は4種類。同研究会によると、このうちイタセンパラは河川環境の変化や外来種の増殖により最も絶滅に近い。魚類には珍しく二枚貝に産卵することや、繁殖期のオスが赤紫色の鮮やかな婚姻色を帯びることなどから愛好家に人気が高く、密漁や闇取引の対象にもされている。

 密漁を阻止しようと、警察や行政と協力し淀川水系をパトロールしてきた小川会長は「罰則強化や監視カメラ、パトロールには限界がある。住民への協力の呼びかけや啓発活動が必要だ」と話している。【中村かさね】

 【ことば】

 イタセンパラ コイ科で体長約10センチ。淀川水系、濃尾平野、富山平野のみに分布する。環境省のレッドリスト絶滅危惧IA類。

 アユモドキ ドジョウ科で体長約15センチ。淀川水系、岡山県吉井川・旭川・高梁川水系のみに分布する。同リスト絶滅危惧IA類。

【関連ニュース】
天然記念物:ツシマヤマネコを保護 長崎・対馬
ビオトープ:処分場跡地が“自然の宝庫”に大変身 北九州
日本野鳥の会が、カンムリウミスズメ救済コンサートを開催
ツシマヤマネコ:数十年ぶり保護--長崎・対馬の下島
「日韓国際環境賞」都内でシンポジウム 生きることは食べること

アライコダイ
家庭教師の世界
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化

府営住宅で火事、1人死亡 大阪・高槻(産経新聞)

 8日午前3時10分ごろ、大阪府高槻市五領町の府営高槻五領住宅4号棟(鉄筋4階建て)に住む無職、山根蔵吉さん(83)方から出火、同室約50平方メートルを半焼した。室内に倒れていた山根さんが病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。高槻署が出火原因を調べている。

こうさくのブログ
とみおのブログ
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
出会いランキング

成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース)

 インフルエンザの患者が成人で増加した。昨年12月21-27日の週の推計患者数は、全体で前週から7万人減の100万人だったが、流行の中心である未成年の推計患者数が15.8%減ったのに対し、成人の推計患者数は逆に12.5%増えた。厚生労働省が1月7日の記者会見で明らかにした。患者のほぼすべてが新型とみられる。

 厚労省によると、推計患者100万人を年齢別に見ると、20歳代が前週から3万人増の15万人、30歳代が1万人増の10万人で、40歳代以上は横ばいだった。
 一方、未成年は0-4歳が2万人減の14万人、5-9歳が6万人減の22万人、10-14歳が3万人減の16万人、15-19歳が1万人減の12万人と、すべての年齢層で推計患者数が減った。
 推計患者に占める未成年の割合は64%と依然として高いが、前週の71%より7ポイント減った。

■沖縄で流行が再燃
 この間のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数は19.63で、前週の22.44より2.81ポイント減った。しかし、健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は会見で、過去10年のピークを見ると、2000-01年の10.59などを上回る値だと説明し、「いまだに流行の真っただ中にある」との認識を示した。

 その上で、定点当たり報告数を都道府県別に見ると、9県では増加していたと指摘。特に沖縄は、8月17-23日の週に46.31になるなど、他の都道府県に先駆けて流行を迎えたが、前週の26.07から43.40に大きく増加しており、「少し再燃している」との見方を示した。
 中嶋室長によると、沖縄は8月の流行では20歳代が流行の中心だったが、11月中旬以降は他の都道府県と同じく14歳以下が中心という。中嶋室長は「感染していない子どもが感染すれば、再流行は十分起こり得ることだ」と注意を呼び掛けた。


【関連記事】
インフル定点報告、4週連続で減少―10週ぶり20未満に
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」
インフル患者、20歳代以下で減少-感染研
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
沖縄の新型インフルピーク時の対応を報告―厚労省研修会

おさむのブログ
しずおのブログ
2ショットチャット
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化

天然記念物「イタセンパラ」取引=「優越感浸りたい」、3人逮捕-愛知県警(時事通信)

 国の天然記念物に指定されている淡水魚イタセンパラ、アユモドキを不正に取引したとして、愛知県警一宮署などは10日、種の保存法違反などの容疑で、会社員時田信夫(51)=同県一宮市木曽川町外割田=、無職河村徳浩(47)=大分県別府市鶴見=、淡水魚販売業佐々木保夫(65)=岡山市中区祇園=の各容疑者を逮捕した。同署によると、3人は容疑を認め、時田容疑者は「珍しい魚を持っているという優越感に浸りたかった」と供述しているという。
 同容疑者は「2002年ごろから密漁を始め、木曽川で約1200匹のイタセンパラを捕獲した」と話しており、同署が裏付けを進めている。 

【関連ニュース】
警察船舶が水没=神奈川・葉山

d65eksoyのブログ
v74378rfのブログ
即日現金化
債務整理・自己破産
ライブチャット

<記録映画>空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会(毎日新聞)

 空襲で負傷し身体障害者となった民間人が、その思いを語る記録映画「おみすてになるのですか~傷痕(しょうこん)の民」(林雅行監督)の完成披露試写会が11日、東京都内で開かれた。

 傷痍(しょうい)軍人・軍属には補償があるのに対し、民間人の戦傷者は今も放置されている現状を告発する内容。出演は東京、大阪、名古屋など各地の空襲で手足を失ったり、失明したりした18人。

 民間人への補償を求める団体「全国戦災傷害者連絡会」の杉山千佐子会長(94)=名古屋市千種区=が各地の戦傷者を訪ねて、苦労と国への思いを語ってもらう構成。出演者は、傷の痛みや差別に苦しみ「戦争が終わってからが地獄だった」「国は私たちが死ぬのを待っている」などと語る。

 45年3月の名古屋空襲で左目を失った杉山さんは上映後、客席の前に立ち「援護法が制定されるまで頑張っていきたい。ご支援を」と述べた。会場からも「全国会議員にこの映画を見てもらいたい」との声が上がった。

 映画は7月から、東京、名古屋などで順次上映される。【山田一晶】

日の当たる教室
w8e3axpgの日記ブログ管理ツール
現金化口コミ
出会いランキング
アフィリエイト ホームページ

温室効果ガス「25%減」に理解求める=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後、都内のホテルで開かれた日本経団連など経済3団体共催の新年祝賀パーティーであいさつし、2020年までに日本の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する政府目標について、「多くの企業に大きな負荷が掛かるが、その先に世界に名だたる日本の企業の姿をいま一度示すことができる」と述べ、企業側に理解を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

私の親、バスガイドです。
サンクチュアリ
無料ホームページ
ネイルサロン
クレジットカード現金化

<訃報>和田英さん98歳=和田武彦・三愛石油会長の母(毎日新聞)

 和田英さん98歳(わだ・ひで=和田武彦・三愛石油会長の母)昨年12月30日、老衰のため死去。葬儀は近親者だけで済ませた。自宅は東京都中野区大和町3の41の3。喪主は長男武彦(たけひこ)さん。

とある営業マンのブログ
けんいちろうのブログ
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較

海に車転落、家族3人死亡=長男も軽傷-三重県警(時事通信)

 3日午後4時15分ごろ、三重県志摩市大王町波切の波切漁港の船着き場から、同県伊勢市尾上町、運送会社社員山添登さん(48)運転の乗用車が海に転落した。県警鳥羽署によると、駆け付けた消防署員が乗っていた家族4人を救助したが、山添さんと妻美澄さん(48)、美澄さんの母岡喜美子さん(74)=志摩市大王町波切=の3人が搬送先の病院で死亡した。長男の高校3年博也さん(18)は右足に軽傷を負った。 

【関連ニュース】
小6男児、ため池に落ち死亡=山梨
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長
ビルでフォークリフト転落=作業員の男性死亡
不明自衛官、遺体で発見=転覆ボート下海底で

コモロ語っておもろー
もうかりまっか
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
即日現金化

<訃報>平野晃さん87歳=元航空幕僚長、元空将(毎日新聞)

 平野晃さん87歳(ひらの・あきら=元航空幕僚長、元空将)12月27日、多臓器不全のため死去。葬儀は8日午前11時、神奈川県大和市西鶴間8の10の8の大和斎場。喪主は妻絢子(あやこ)さん。

v1rjj4jlの日記ブログ管理ツール
g6t5hz4hの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
ショッピング枠現金化
プロフィール

まつうらもといちさん

Author:まつうらもといちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。